50代の新人看護師の悩みで多いのは?その解決策をお伝えします

50代の新人看護師は意外に沢山いるんですよ?

こんにちは!Kaorunです。いつもお仕事お疲れ様です!

50代の新人看護師は意外に沢山いるんですよ?

その悩みと解決方法を、一緒に考えてみましょう。

50代で新人看護師になる理由とは、一体どういうものなのでしょうか?

「50代の新人看護師」と聞いて、あなたはどう思いますか?

看護師と言うと、若いうちに資格を取り、経験を経てどんどんベテランナースになっていくイメージがありませんか?

50代で新人?なんで?どうして?

だから、50代の新人看護師なんて周囲にはいないし、見たことがない。

そういう人も多いかと思います。

看護師の仕事はある意味肉体労働ですから、体力もなにもかも衰えてくる年齢になってから、何もこんなにキツイ仕事を始めなくても良いのに……と考える人もいるでしょう。

あと少しで退職して、年金暮らしができるのに、どうして?なんて思う人もいるかもしれません。

世知辛い世の中ですから…

一流企業で定年までしっかり働いて、年金もたくさん納めた人であれば、確かに年金でそれなりの生活が出来るでしょう。

ですがこのご時世、60歳で定年を迎え、65歳から年金をもらったとしても、決して悠々自適な生活ができるわけではないんですね。

例えば、看護助手や介護福祉士などの医療業界で40代まで仕事をしていた人が、ふと自分の老後を考えた時、とても不安になるそうです。

60歳から年金をもらった場合、正直言って年金額など本当に微々たるものです。

年金だけでは到底生活などできません

看護師の資格があれば、いつまででも働けますから…

じゃあ、65歳まで仕事をして、そのまま65歳を過ぎても雇用延長をしてもらないか?と考えた時、看護師の資格であればそれが可能でも、今のままでは難しいと考える訳です。

実は准看護師も同じで、准看護師のままでは将来に不安を感じ、やはり看護師の資格を取ろうと考える人が多くなっています。

実際に行動を起こすのが50歳前後になってしまい、結局50歳を過ぎてから看護師の資格を取って、新人看護師になるという現実的なケースが意外に多いんですね。

50代の新人看護師…その辛い現状と周囲の反応

50代の新人看護師自体はアリだということがわかりましたが、実際、すんなりと仕事に馴染めるものなのでしょうか?

実際に50歳を過ぎてから看護師の資格を取り、職場に配属になった新人看護師の話を聞くと、その現実はとても厳しいようです。

その悩みを聞くと、次のようなものがありました。

とにかく仕事が覚えられない

若い頃であれば簡単に覚えられた事が、1回教えてもらっただけでは覚えられないと言います。

確かに若い頃からすると記憶力は低下しますので、それも無理はないと思いますが、皆さん一生懸命メモしたり、復習したりして覚えようとしていますね。

医療技術の進歩についていけない

50代の方は、もともとデジタル機械が苦手な人が多いので、特に機械系の技術の習得には苦労するようです。

先輩看護師が若いので会話についていけない

これも仕方ないことですが、先輩は皆若い看護師ですから、会話についていけないことが多いようです。

職場の人間関係が上手くいかない

若い先輩看護師に注意されることが多く、そんなことも覚えられないのかときつく注意されることが多いので、人間関係が上手くいかないことが多いそうです。

50代の新人看護師の方が人生経験上は先輩ですが、仕事の上では若い看護師の方が先輩です。

そんな若い看護師に何度も注意を受けるので、仕事をしていて自分が情けなくなることが多いと言います。

また見た目はベテラン看護師ですから、患者さんからベテラン扱いされても、実際は技術がつたないとがっかりされてしまうのも、精神的に辛いようですね。

50代の新人看護師に対しては、周囲も気を使ってしまう?

50代の新人看護師を教育するのは、年齢的にはかなり下の看護師になる訳ですから、その先輩看護師にとっても、指導し辛いのが現実なようです。

正直、

「どうしてこんなことも覚えられないの?」

「この間教えたばっかりじゃん!まるで聞いたことがないような顔をするのはなんで?わざとしてるの?」

……という、戸惑いとか怒りの感情が湧き出してしまう事もあるようです。

50代の新人看護師と言っても色々です

中には、准看護師としての経験年数が長く、50代の新人看護師とは言えども、バリバリに仕事をこなす人もいます。

ですから一概に指導に手を焼いてしまう訳ではありません。

逆に先輩看護師の方が経験値が低いこともありますので、新人看護師が先輩に教えるなんていう奇妙な光景も目にします。

やはり50代で新人として入職すると、気の使い合いに…

ですが、どちらにしても若い先輩看護師にしてみれば、指導し辛いことこの上ないですよね。

新人看護師も気を使いますが、先輩看護師も気を使います。

その上、ともすると病棟師長などの上司ですら新人看護師より若いという場合もありますので、周囲のスタッフも気を使ってしまうようです。

50代の新人看護師が仕事をしやすいのはどういう所?

50代の新人看護師が仕事をしやすい職場とはどういう所でしょうか?

それは療養病棟や精神科病院、高齢者施設などの療養施設でしょう。

こういう職場は看護師の年齢層が高く、平均年齢が50代後半という所も少なくありません

苦手な医療機器も少ないですから、高度な医療技術に振り回されて、ミスを恐れてビクビクすることもありません。

50代の新人看護師に向いた職場なら、安穏と働ける!?

覚えるのがゆっくりであっても、さほど急かされる事もありませんし、同僚も先輩も同年代かそれ以上の人が多いので、若い先輩看護師に叱られることも少ないでしょう。

正直良い事だらけです。

せっかく看護師の資格を取ったんだから、やはり最初は高度な医療知識や看護技術を身に着けたいと、三次救命や二次救命の現場で頑張っている50代の新人看護師の人もいると思います。

無理した働き方をしている50代新人看護師、この指とまれ!

ですが、若い先輩看護師に日々厳しく指導されて、人間関係も辛い職場に居る事は、決して今後の健康状態にも良い結果を出しません

年齢に応じて体力も低下しますから、自律神経の乱れや高血圧や心臓病、それ以上の病気に見舞われることだってあります。

もし今の現状が辛いと思っているのであれば、少しでも仕事がし易い職場に転職することをお勧めします。

これから間もなく定年を迎えて、それでもまだ仕事を続けていくつもりがあるのでしたら、少しでも精神的・身体的に楽な職場の方が長く続けられます

「でも、この年齢でそんなに簡単に次の就職先なんて見つかるかしら?どこもせいぜい40代ぐらいが限界じゃないの?」と思うかもしれません。

看護師転職サイトに頼めば、すぐ楽になります!

そういう時に手助けをしてくれるのが転職コンサルタントです。

きっと良い就職先を見つけてくれます。

看護師の転職サイトに登録し、50代の新人看護師に適した職場を探してもらうといいですよ。

あなたのXデーに備えて看護師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに看護師転職サイトに登録しておきましょう!

看護師転職サイトのおすすめ

看護師転職サイトはここがオススメ!

【1位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは看護師の転職を一番確実に成功させてくれる、信頼性の非常に高いサービスです。その長年の実績の中で培われた情報量が特徴で、専任担当者があなたの状況や希望を最大限に反映した形での求人紹介をしてくれます。

【2位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師も、転職をサポートしてもらうのにオススメです。非公開求人も多く、思わぬ好条件の求人が見つかる可能性が高いですのでナース人材バンクと併せて是非利用してみてください。

こちらもおすすめ

運営者情報 | ナースの楽園とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる