看護師の辞めどきはいつ?ズバリ、教えちゃいます!

看護師の仕事の辞めどき

こんにちは!Kaorunです。いつもお仕事お疲れ様です!

看護師の辞めどきについてが、今回のテーマです。

「辞めどきがわからず、ズルズル仕事を続けてしまっている・・・」

「もしかしたら私、今が辞めどきなのかも!?」

そんなふうに、看護師の仕事が憂鬱で仕方がないあなたへ…

辞めどきはいつが良いのか教えちゃいます!

看護師が辞めどきを決心するのはいつなのか?

看護師の辞めどきは、看護師の永遠のテーマとも言えますね。

今の仕事が辛く、漫然と辞めたいとは思っているけど、辞めどきはいつかが判らないという声をよく聞きます。

決心出来ずに迷っている時は、今の職場に留まるべきなのか、辞めるべきなのかをきちんと考えてから行動しないと、後で後悔する事になってしまいます。

では、どんな時が辞めどきと言えるのかを具体的に考えてみましょう。

  1. 職場の良い所を探そうとしても、何も思い浮かばない時
  2. 精神的に参っている時は、良い所が思い浮かばない
  3. 自分の体調や日常生活に支障が出てきた時
  4. 体調不良や精神的な不安定さから、私生活にも影響が出る
  5. 仕事にやりがいを全く感じなくなってしまった時
  6. 職場の労働環境が明らかにブラックだと感じた時

職場の良い所を探そうとしても、何も思い浮かばない時

看護師になりたての新人時代や、少し落ち着いたばかりの2年目などは、まだまだ看護師の仕事に慣れることが出来ず、自信を失いがちです。

「自分は看護師に向いていないのではないか?このまま続けていくのは無理なのではないか?」

と考えて辞めたくなった時は、とりあえず、今の職場の良い所、そして今の仕事をしていて良かったと思えることを思い出してみて下さい。

どんなに辛い仕事でも、

「患者様にありがとうと言われた時」とか、

「先輩が優しい所」とか、

何かしらの良い所が思い浮かぶはずです。

精神的に参っている時は、良い所が思い浮かばない

今の職場に理想を抱いていた時や、自分はこうなりたいと様々な希望を抱いていた時は、

「仕事は大変だけど、頑張れば自分のためになる」とか、

「ここで頑張れば、いつかは私も先輩のようなベテランナースになれるんだ」と、

辛くても今の仕事の良い所を感じていたはずです。

 

それは、ある程度看護師の経験を積んだナースであっても同じです。

5年目でも10年目でも、自分のメンタルが正常に機能している時は、何事も前向きに捉えられるのです。

 

もし辞めたくなった時に『良いとこ探し』をしてみて、本当に何も思い浮かばない時は、今の仕事に疲れ精神的にかなり参っている時です。そのまま仕事を続けていても、良い事はないでしょう。

もう、辞めどきだと言って良いです。

自分の体調や日常生活に支障が出てきた時

仕事に行くのが憂鬱で、毎日辞める事ばかり考えてしまう。

仕事の事を考えると夜もあまり眠れず、体調が悪くなってきたら、もう既に赤信号です。

仕事を辞めることを真剣に考えてみましょう。

 

夜に熟睡できなかったり、寝ても熟睡できていないのは、ストレスで自律神経が乱れている証拠です。

そのまま放置しておくと、頭痛や肩こり、腰痛や眩暈、免疫力の低下などが起きてきます。

体調不良や精神的な不安定さから、私生活にも影響が出る

自律神経が乱れてくると、いつも体が疲れていて体がダルかったり、漫然とした不安感を感じたり、何かにつけてイライラしたりします。

家に帰っても口を開くと仕事の愚痴ばかりで、大切な家族にも優しく出来なくなってきたら、それはもう辞めどきだと言えますね。

仕事にやりがいを全く感じなくなってしまった時

看護師のきつい仕事を続けていけるのは、病気で苦しんでいる人の助けになりたいとか、難しい技術を身に付けたいとか、何らかの理由とやりがいを感じてやっていたはずです。

もし、今の職場ではそれが無くなり、仕事を続けている理由がお金だけになってしまった時は、辞める事を考えた方が良いしょう。

惰性で続けていてもあまり良い事はありません。

そればかりか、惰性で仕事をしている人ほど、インシデントやアクシデントなど、医療ミスに繋がる重大ミスをしがちです。

気を付けなくてはいけません。

職場の労働環境が明らかにブラックだと感じた時

職場の労働環境が、どう考えても他の病院に比べて劣悪だと感じたら、それは問答無用で辞めどきです。

そういう職場に限ってなかなか辞めさせてくれなかったりしますが、躊躇してはいけません。

ボロ雑巾のように使い古されて、自分の身体を壊してしまう前に、きっぱりと見切りをつけて辞めた方が良いです。

あれこれ色々な理由を付けて退職を阻止されますが、気持ちを強く持って辞めましょう。

看護師の仕事の辞めどきがわからない方は、こちらをチェック!

看護師の辞めどき(時期)は、じゃあ、いつが良いのか

看護師の辞めどきを時期で考えると、いつが良いのでしょうか?

仕事を辞めたいと思っていても…でも、どのタイミングで辞めたら良いのか、辞め時がわからない」と言う話をよく聞きます。

その悩みに答えるとすれば、それはボーナスを貰った後と4月の新人採用時だと言えます。

  1. 先立つものはあった方が余裕ができる
  2. 新人採用の時期(4月頃)

先立つものはあった方が余裕ができる

仕事を辞めてから、自分に合った仕事をしっかりと見極めたいと言う方は、やはりボーナス後の時期をお勧めします。

そしてこのボーナスの後は、どこも退職者が増える時期ですので、色々な就職先を探しやすくなります。

お金はいつだって大切です。

仕事に疲れ、辞めてから少しのんびりしたいと思っている時でも、お金がなければのんびり休む事だってできません。

次の仕事を探す際も、当面の生活費が無ければ、じっくりと落ち着いて探すこともできません。

看護師を辞めて他の仕事をしたいと考えていても、ある程度お金に余裕があった方が、何かと便利です。

何らかの資格を取るにも、資金が必要ですからね。

新人採用の時期(4月頃)

この時期は新人に合わせて様々な研修が企画されている時期でもあります。

看護師の仕事以外は自信がない、また他の仕事に就職したものの、上手く出来るかが心配……

そんな方は、4月の新入職に合わせて辞める事をお勧めします。

新人研修に併せて初歩的な内容から教えてもらえますし、同期入職が複数いるはずですから、人間関係の構築も中途入職よりはスムーズにいくと思われます。

看護師の仕事の辞めどきがわからない方は、こちらをチェック!

看護師が辞めどきに悩んだら、転職コンサルタントに相談してみる

看護師の辞めどきは難しいと思われがちですが、実のところは、仕事を辞める事はいつだってできます。

ですが、いざ仕事を辞めようと思うと、

「辞めてからすぐに仕事が見つかるのかな?」

「もし、いい仕事が見つからなかったら、生活費はどうしよう?」

「辞めてから病気になったら、保険はどうしたらいいの?」

……という、様々な不安が付き纏ってきます。

  1. 転職時の不安解消のために、次の仕事に目安を付ける
  2. 失業保険だって最低半年は貰えないという盲点
  3. 転職コンサルタント上手に利用する
  4. 次の仕事の開始時期に合わせて仕事を辞められるなら、それがベター

転職時の不安解消のために、次の仕事に目安を付ける

いくら看護師が売り手市場だと言っても、それは仕事内容を選ばなければの話です。

残業の多さや仕事のハードさ、休みの少なさや福利厚生など、何も考えなければ仕事なんて履いて捨てるほどあります。

でも、一大決心をして今の仕事を辞める訳ですから、次の仕事は出来れば長く続けたいと思うのが本心ですよね。

ならば、今の職場で働いているうちに就職活動をし、次の職場に就職をする目途をつけてから辞めることをお勧めします。

そうすれば、生活費の心配や保険の心配などをせずに、安心して今の仕事を辞められる訳です。

失業保険だって最低半年は貰えないという盲点

例えばあなたが、失業保険を貰いながら、ゆっくり次の仕事を探したいと思っていたとしても、自己都合で退職した場合は、ハローワークに離職届を提出してから最低でも半年間は失業手当が支給されません。

「え?半年も無収入じゃやってけないじゃない。じゃあ、その間アルバイトでもするしかないの?」

と思うかもしれませんが、アルバイトをしていることがハローワークに知れてしまうと、その分支給される期日が遅れてしまいます。

失業手当はあまり当てにできないわけですね。

ですが、今の仕事をしながらでも、次の仕事を探すことは可能なのです。

転職コンサルタント上手に利用する

今の仕事を辞めたいけど、いつ辞めたら良いのか辞めどきが分からない人は、前もって転職コンサルタントに相談をしてみることをお勧めします。

例えば、学校などの健康管理室や保育園、健診センターや医務室などの求人が少ない案件等は、事前に転職コンサルタントに探してもらっておくと良いです。

他にも事前に転職コンサルタントに相談をしておくことで、看護師の仕事を辞めた理由(人間関係や業務内容、待遇面)がクリアされている、自分に合った職場を探してもらう事ができます

また、ブラックな病院に仕事を辞める際に引き留められた場合でも、上手な辞め方のアドバイスをしてもらえるので、とても心強いですよ。

次の仕事の開始時期に合わせて仕事を辞められるなら、それがベター

転職コンサルタントに次の仕事を探してもらいながら、今の仕事の休みの日に面接に行き、理想の職場に巡り合えたなら、次の職場に移る時期に合わせて、今の仕事を辞める時期を決めると上手くいきます。

そうすれば、辞めたあとの生活費にも困りませんし、健康保険に困る事もありません。

もし、次の仕事を始める前に少し休養を取りたいとか、どこかにのんびり旅行に行きたいとか考えているのなら、今の職場を辞める時期を少し早めて、その間に休養を取れば良い訳です。(運が良ければ次の職場から支度金を貰える場合もありますので、金銭面でも余裕が出来ます。)

自分一人で次の仕事を探すのは中々大変です。

転職コンサルタントを上手に活用し、仕事を辞める良い辞めどきを見極めましょう。

あなたのXデーに備えて看護師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに看護師転職サイトに登録しておきましょう!

看護師転職サイトのおすすめ

看護師転職サイトはここがオススメ!

【1位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは看護師の転職を一番確実に成功させてくれる、信頼性の非常に高いサービスです。その長年の実績の中で培われた情報量が特徴で、専任担当者があなたの状況や希望を最大限に反映した形での求人紹介をしてくれます。

【2位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師も、転職をサポートしてもらうのにオススメです。非公開求人も多く、思わぬ好条件の求人が見つかる可能性が高いですのでナース人材バンクと併せて是非利用してみてください。

こちらもおすすめ

運営者情報 | ナースの楽園とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる