看護師は転職サイトを使わない方がいい?!その本音と建前を大検証!

看護師は転職サイトを使わない方がいい?!その本音と建前を大検証!

こんにちは!Kaorunです。今日もお仕事お疲れ様です!

つい最近、とある掲示板で、ある病院の事務長さんが、「看護師は転職サイトを使わないで!」と力説している書き込みを見つけました。

そうかと思えば、転職活動をしている看護師さん自ら「看護師は転職サイトを使わない方がいい」と力説しているサイトもあります。

「確かに、手間はかかるけど、ハロワの方が採用率高いんじゃない?」

「最近はeナースセンターの利用率も上がってるらしいしね」

「でも、転職する時は、使えるものは何だって使いたいじゃない?」

……と、様々な声が聞かれるのも事実です。

じゃあ、本当に看護師は転職サイトを使わない方がいいのかどうか?

今回は採用側の裏事情も踏まえつつ、昨今の看護師の転職事情について考えてみたいと思います。

看護師は転職サイトを使わない方がいい理由 ~看護師編~

看護師が転職をする時、その手段として使うのはハローワークや求人誌、求人情報サイトにeナースバンク、そして転職サイトがあります。

特に看護師向けの転職サイトは、希望する条件を登録するだけで、転職サイト側が勝手に転職先を厳選して紹介してくれるので、かなり便利なシステムと言えます。

 

にもかかわらず、看護師は転職サイトを使わない方がいいと言われるのは何故なのか?

その理由について詳しく調べてみました。

 

看護師は転職サイトを使わない方がいいとされる主な3つの理由

実際に看護師向けの転職サイトを利用した人の中には、看護師の転職サイトは使わない方がいいと言っている人がいます。

その主な理由としては、以下のような内容が挙げられています。

 

 

……という内容でした。

確かに良く聞く理由ではありますよね。

 

1.希望していない病院を紹介されることがある

30代前半 女性 

看護師歴10年 転職歴2回目

 

私は夜勤が苦手で、もの凄くストレスを感じていたので、転職先として『夜勤のない病棟か外来』を希望しました。

ところが、紹介されたのは夜勤のある病棟でした。

基本給が少なく、夜勤や残業で総支給額が高くなる所でしたので、担当者に条件が違うと言ったら、「夜勤の無い職場の場合、どうしても子育て中の人が優先されてしまうんですよ」とさらっと言われました。

それって、子供のいないナースは、どれだけ辛くても夜勤をしなきゃダメって事ですかね?

おまけに、残業が多いってことは、かなり忙しいってことでしょ?

何のために長い時間をかけてこちらの事情を話し、夜勤はしたくないと希望したのか、すべて無視されてて頭にきました!

正直、ふざけるな!って思いましたよ!

 

このように、自分の希望条件と違う職場を斡旋する転職サイトもあるようです。

確かにこれでは、何のために転職サイトを利用したのかわかりませんよね……。

 

2.求人紹介の電話やメールがたくさん来て鬱陶しい

20代後半 女性

看護師歴 6年 初転職

 

今回、初めて転職を思い立ち、転職初心者なので転職サイトに登録をしてみました。

最初は色々と電話で話を聞いてくれ、とても親身になってくれてありがたいなぁと思っていたのですが、その後の怒涛の電話&メール攻撃にビックリしました。

最低でも1日に電話の履歴が3回、ショートメールが2回は入ってます。

はじめのうちは折り返しの連絡を入れたりしたのですが、あまりのしつこさにウンザリし、そのうちメールのやり取りだけにしちゃいました。

で、結局はハロワですんなり決まったので、あの手間はなんだったの?って思いましたよ。

 

若いナースである程度の経験もあり、夜勤も出来る人となるとかなりの売り手市場ですからね。

次から次へと紹介が来るのもわかる気がします。

転職サイト側も必死なのでしょうが、あまりしつこいのは確かにいただけませんね。

 

3.転職サイトを利用する事で、希望する病院への転職が不利になる事もある

30代後半 男性

看護師歴 12年 転職3回目

 

以前から気になっていた病院があり、転職サイトに登録して逆指名してもらったら、見事に断られてしまった……。

その後、何となくハローワークに足を運び、そこでその病院の求人が出ていたので担当者にダメ元で紹介をしてもらったら、すんなり採用になったのでビックリ!

どうやらそこは、転職サイトの紹介より、ハローワークからの紹介を優先的に採用してるらしい。

最初に断られて落ち込んだ俺のナイーブなハートと、仕事探しに費やした大事な時間を返してくれ!って心底思った。

こんなだったら、最初からハローワークに行ってりゃ良かったよ……。

 

自分がどうしても就職したいと思っている病院が、転職サイトからの応募よりもハローワークからの応募を優先している場合は、確かに転職サイトを利用すると不利になる事もあります。

病院側は、転職サイトを利用して看護師を採用した場合、高い手数料を支払わなければいけませんが、ハローワークからであればコストもかからないので、そちらを優先している所も多いからです。

そういう意味では、自分がどうしても就職したいと思う病院に関しては、転職サイトからの紹介だけに頼るのではなく、自分で問い合わせてみるなどの努力も必要かもしれませんね。

 

看護師の求人なんて、ホントは嘘ばっかりじゃないの?……と思っている方はこちらもチェック!

 

看護師の転職サイトを使ってみたいけど、本当に使わない方がいいの?…と疑問を感じている人はこちらをチェック!

 

看護師は転職サイトを使わない方がいい理由 ~雇用者編~

病院などの雇用者側は、看護師転職サイトから看護師の紹介をされて採用をした場合、その看護師の年収の約20%から25%程度を手数料として支払わなければなりません

もちろん、転職サイトによって契約代金は異なりますが、年収400万円の看護師を採用した場合、約100万円を転職サイトに支払う事になります。

そう考えると、雇用者側としては転職サイトを利用してほしくないのが本音ですよね。

 

50代 男性

某病院事務長 

 

私は、病院の事務長をしていますが、看護師不足が中々解決できず、頭を悩ませています。先日ハローワークに出向く機会があり、最近の看護師の応募状況について、話を聞く機会がありました。

「確かに最近は、20~30歳台の相談が少ないですね。 転職サイトを利用する人が多くなっているようですからね」とのこと。

確かに、転職サイトは簡単に登録でき、ハローワークまで出向く必要がありません。

しかし、個人的に転職サイトへの登録は、看護師の就職チャンスを逃していると思います。看護師の皆さんはぜひハローワークを利用して、希望にあった医療機関を探して欲しいと思います。

 

この方の言う通り、ハローワークから病院等へ看護師を紹介してもらえる件数が減っています。

代わりに、転職サイト等からの紹介件数が伸びており、若い世代のハローワーク離れが目立っています

 

そのため、病院側から転職サイトに支払う手数料が莫大なものとなっていて、病院経営を圧迫しているのも確かです。

雇用側としては、転職サイトを利用して就職をされるより、ハローワークやeナースセンターを利用して就職してもらえる方が有難いのです。

 

なので雇用者側が、「看護師は転職サイトを使わない方がいい」と主張するのも頷けますよね。

 

看護師の転職サイトを使ってみたいけど、本当に使わない方がいいの?…と疑問を感じている人はこちらをチェック!

 

看護師は転職サイトを使わない方がいいのかを検証してみた

では、転職サイトを実際に利用したナースや雇用者側の言うとおり、本当に看護師の転職サイトは使わない方が良いのでしょうか?

 

看護師が転職を考えた時、転職サイトを使わないとしたらどのような手段を用いて就職活動をするのでしょう。

その場合、ハローワークやeナースセンターを利用したり、求人情報誌を見る事になります。

 

しかし、実際はハローワークやeナースセンター、求人情報誌や閲覧のみの求人情報サイトより、看護師転職サイトを利用する人が圧倒的に多いんですね。

それは、ハローワークやeナースセンター、求人情報誌よりも、看護師転職サイトの方が利用しやすいという事なのではないでしょうか?

 

ハローワークで看護師の仕事を探す人が減っている理由

ハローワークで仕事を探す場合、最寄りのハローワークに行き、直接登録する必要があります

勿論、ハローワークには看護師以外の職種の方もたくさん来ていますから、その方々と一緒に使用するパソコンが空くのを待たなければなりません。

 

そして、数ある求人情報の中から看護師の求職を捜し出し、条件もひとつひとつ全て自分でチェックし、希望する病院をピックアップします。

その後、また窓口が空くのを待って担当者と面談をし、初めて希望する求人への応募が出来る訳です。

少し前までは、これらが仕事探しの光景としては当たり前のことでした。

 

しかし、ネットに簡単な情報を登録するだけで、職場探しから面接の設定まですべてやってもらえる転職サイトの便利さを覚えてしまうと、この工程が、とても無駄に思えてしまいます。

要するに時間がもったいないと考えてしまうのです。

 

加えて、ハローワークの担当者に、根掘り葉掘り色々と聞かれるのも、直接対面でのコミュニケーションを苦手とする世代にとっては苦痛に感じるようです。

その方々の言葉を借りると、「面倒くさい」のだとか……。

 

これでは、若い世代のナースの足がハローワークから遠のくのも、当然と言えば当然なのかもしれません。

 

ハローワークについてもっと詳しく知りたい!……という方はこちらもチェック!

 

思ったより機能してない? eナースセンター

看護師の人手不足を解消する一つの手段として、eナースセンターでの人材紹介業務が始まりました。

 

しかし、平成29年のデータによると、eナースセンターへの求人数が159,999 人もあるのに対し、有効求職者数 は66,485 人しかなく、そのうち応募件数は20,995 人で、就職件数に至っては12,085 人しかありませんでした。

これは、単純に考えて求人数に対する就職率が13%しかないという事になります。

 

ナースセンターのスタッフの皆さんは一生懸命に面談をしてくれ、雇用率アップのために頑張ってくれてはいますが、需要と供給のバランスが取れていないのが現実です。

 

これはeナースセンターの知名度が低いという訳ではなく、eナースセンターの面接担当者が看護協会側の職員(要するにエリート)だということで、一般のナースには敷居が高いと思われているのが原因のようです。

 

また、eナースセンターから紹介されて実際に就職する人は、大規模病院への就職が多く、中小規模の病院にはあまり就職していないという話も聞きます。

確かに私が勤めている病院でもeナースセンターに求人を出していますが、未だ紹介はゼロですしね……。

 

別に大きな病院へ就職しなくても、中小規模の病院やクリニックでのんびり仕事をしたいというナースは、わざわざeナースセンターを利用しようとは考えないのでしょう。

 

『看護師が転職サイトを使わずに就職できる仕組みを作りたい』と考えた厚労省や看護協会側の思惑通りには、どうやらeナースセンターも機能していないみたいですね。

 

若い看護師は転職サイトを使う比率が高い

このように、ハローワークやeナースセンターという公共の場を利用するよりも、インターネットと携帯電話で簡単に転職できる手軽さが受け、就職先を探す時は転職サイトを利用する看護師が増えています

 

転職サイト側にとっても、看護師は『金のなる木』な訳ですから、登録したら一生懸命就職先を探しますし、履歴書の書き方の指導や面接指導、先方との雇用条件の刷り合せにアフターフォローまで、とにかく至れり尽くせりしてくれます。

看護師側もこの便利さを知ってしまうと、使わない手はないと考えるのも当然です。

 

確かに雇用側は転職サイト経由で就職されると高い手数料を支払わなければいけないので、転職サイトからの応募は採用しないという病院もあります。

 

ですが、現状としては、ハローワークとeナースセンターだけに頼っていても看護師不足を解消する事はできませんので、転職サイトを利用せざるを得なくなっています

加えて、病院側が「こういうナースが欲しい」と要求を伝えると、ピンポイントでその通りの人材を確保してくれますので、手っ取り早く転職サイトを利用した方が効率も良いと考える病院も増えています。

 

病院側にとっては人材確保の費用がかかり、かなり痛手にはなりますが、就職先を探す看護師側の懐は全く痛まない訳ですから、タダで色々とやってくれる転職サイトを利用するナースが増えているのは当然の事なのかもしれません。

 

看護師転職サイトを利用するリスクは回避できる!

看護師は転職サイトを使わない方がいいと言っていた理由について、もう一度振り返ってみましょう。

 

「電話がしつこい」

「希望していない就職先を紹介される」

「転職サイトを利用する事で、希望する病院への転職が不利になる事もある」

 

この理由について、今一度、よぉ~く考えてみて下さい。

看護師を紹介する事で利益を得ている転職サイトとしては、ある意味、当然の事なのではないでしょうか?

私たち看護師は、転職する際の便利な機能をタダで使おうとしているのですから、これぐらいのリスクは想定範囲内なのではないかと思います。

 

加えて、私たちさえしっかりしていれば、こんな問題は問題にすらなりません。

要するに、嫌な事にはハッキリと「No!」と言えば良いだけなのです。

 

「しつこく電話をされるのは困ります。要件は手短にショートメール等でお願いします」

「そのような条件の病院は希望していません。希望した範囲内での紹介をお願いします」

……とハッキリ伝えれば良いのです。

そして、『どうしてもこの病院に就職したい』という所があったら、そこは自らがハローワークに行くなり、直接病院へ応募をするなりすれば良いのです。

 

はてさて、そんな風に思ってしまうのは、私だけなのでしょうか……?

 

看護師向け転職サイトのリスクを上手に回避する方法を知りたい!……という方はこちらもチェック!

 

看護師の転職サイトを使ってみたいけど、本当に使わない方がいいの?…と疑問を感じている人はこちらをチェック!

 

看護師転職サイトを使わない方がいいとは言い切れない?!

いかがでしたか?

看護師は転職サイトを使わない方がいいと言うのは、「電話がしつこい」「希望していない就職先を紹介される」「転職サイトを利用する事で、希望する病院への転職が不利になる事もある」という利用者の声と、「転職サイトへ支払う手数料が高いので、ハローワークを利用して就職活動をしてほしい」という雇用側の意見からくるものだとおわかり頂けたでしょうか?

 

そして、それらの理由はどれも理解できるものの、実際は転職サイトを利用した方が色々とメリットがあるため、転職サイトの利用率が上がっているのも事実です。

 

看護師は転職サイトを上手に利用すれば大丈夫?!

実は、看護師の転職サイトは使わない方がいいという意見があったとしても、それらを上手に回避して利用すれば大丈夫です。

 

看護師が転職サイトを利用したとしても、電話がしつこかったら、「しつこく電話をされるのは困ります。要件は手短にショートメール等でお願いします」と伝え、連絡方法をきちんと決めればいいですし、希望していない就職先を紹介されたら、「そのような条件の病院は希望していません。希望した範囲内での紹介をお願いします」とハッキリ伝えれば大丈夫です。

 

もし、自分が就職を強く希望する病院がハローワークからの応募を優先しているのなら、そこは自らがハローワークに行くなり、直接応募をすれば良いのです。

要するに上手に対応すれば何の問題もないのです。

 

自力で転職先を探すだけでは、その病院の内情も良くわかりませんから、運が悪ければブラックな病院だと知らずに就職してしまうかもしれません。

そんなリスクも、転職サイトを利用すれば回避できます。

 

また、複数の転職サイトに登録をすれば、自分に合った転職コンサルタントを見つける事もできますから、嫌な思いをせずに就職活動をする事だって可能です。

 

できることなら、転職サイトを上手に利用して、少しでも気持ちよく、かつ楽に良い転職先を探したいものですね。

 

ブラック病院を回避する方法をもっと詳しく知りたい!……という方はこちらもチェック!

 

看護師の転職サイトってどうやって選べばいいの?……という方はこちらもチェック!

 

看護師の転職サイトの上手な使い方についてもっと詳しく知りたい!……という方はこちらもチェック!

あなたのXデーに備えて看護師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに看護師転職サイトに登録しておきましょう!

看護師転職サイトのおすすめ

看護師転職サイトはここがオススメ!

【1位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは看護師の転職を一番確実に成功させてくれる、信頼性の非常に高いサービスです。その長年の実績の中で培われた情報量が特徴で、専任担当者があなたの状況や希望を最大限に反映した形での求人紹介をしてくれます。

【2位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師も、転職をサポートしてもらうのにオススメです。非公開求人も多く、思わぬ好条件の求人が見つかる可能性が高いですのでナース人材バンクと併せて是非利用してみてください。

こちらもおすすめ

運営者情報 | ナースの楽園とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる