看護師が貯金できないのは看護師であるがゆえ!?でも解決策はある!

看護師が貯金できないのはなぜ?

こんにちは!Kaorunです。いつもお仕事お疲れ様です!

「看護師って、OLよりお給料が高い分、きっと貯金もたくさんしてるんだろうなぁ…」そんな世間一般のイメージって、間違ってるって思いませんか?

そりゃあ中にはそんな奇特なナースもいるでしょうが、きっと中には貯金できずに悩んでいる人も多いはず……。

そんなあなたに、看護師ならではの貯金の方法をお教えしましょう!

看護師でも貯金できない人は、意外に多かった!

看護師の場合、普通のOLに比べると高額のお給料を貰っていることは確かです。OL等の事務職の平均年収が300万円なのに比べて、看護師の平均年収は478万円ですから、その差はナント178万円!(2016年度・厚労省&総務省の職種別年代別収入平均を参考にし、独自で計算)

普通に考えると、看護師なら、その差178万円を貯金できるはずだと考えてしまいます。でも、看護師の貯蓄額として一番多いのが0~50万円以下で、ナント看護師の38%にも及んでいるんですね。

 

看護師は毎月いくら貯金できてる?

参照元:看護roo

  1. 看護師が貯蓄できない一番の理由……それは忙しさ!
  2. ストレス多き看護師は自分メンテナンスも重要
  3. 自らのレベルアップに先行投資も必要
  4. ストレスが多い故の哀しい浪費癖も……。

看護師が貯蓄できない一番の理由……それは忙しさ!

看護師の仕事はとにかく忙しく、時間に追われてしまうために、疲れもストレスもかなり溜まってしまいます。日々の残業や疲れから、「少しでも時間があれば寝ていたい……」「仕事を終えたらヘトヘトで、もう何もする気が起きない……」というのが看護師の本音でしょう。

朝起きてから朝食を作る時間も無いので近所のカフェで済ませ、昼食はコンビニで買うか社食で済ませます。夕食だって手間をかけたものは作れないので、外食するかお総菜を購入……なんてことをしてたら、あっという間にお金なんて無くなってしまいますよね。

1日3,000円の食費としても、月に計算すると93,000円……ざっと10万円は食事にかける計算になります。

ストレス多き看護師は自分メンテナンスも重要

患者様の生死に関わる重大な場面に直面し、いつもストレスを抱え、疲れ切っている看護師にとって、そのストレスを癒し、自らの疲れを取ることはとても大切です。

良く聞くのはスパやマッサージ、アロマやエステにお金を使ってしまうという事ですね。仕事上、肩こりや腰痛は必須ですので、私などはマッサージ店のプラチナ会員になっているほどです。1時間6,000円のマッサージを週1回でも月に24,000円かけてしまっている計算になります(実際はこれ以上使っている気が……)。なるほど、お金が貯まらない訳ですよね。

おまけに夜勤をしていると、どうしてもホルモンバランスが崩れてしまうので、肌荒れしやすく、吹き出物も出来やすくなってしまいます。そんな時、エステに行ったり、高い化粧品にお金をかけてしまう気持ちも、本当によぉ~く分かります。

なにせエステのお姉さん方ったら、客が看護師だと判ると『こいつは金持ってるぞ!』という心の声が聞こえんばかりの笑顔を見せて、しきりに高いコースや高い化粧品を勧めてくるんですよね。それが判ってはいるものの、ついつい「お肌が見違えるように綺麗になりますよ~」という魔法の言葉に乗せられて、結局は散財してしまうんです……。

自らのレベルアップに先行投資も必要

加えて看護師ならではのお金の使い道として多いのが、自らのスキルアップやレベルアップのための研修への参加費用です。

通常の研修でも1日約1万円程度かかりますが、認定資格を取りたいとなると、数十万から百万円以上かかる事だってざらです。おまけに研修会場が遠ければ、その交通費や宿泊費用だって馬鹿になりません。専門書だって詐欺かと思うぐらい高いですからね。

自慢じゃありませんが、私自身が今まで勉強に費やした費用は、高級車1台分ぐらいにはなります。だからと言って、それがお給料に反映しているかと言うと、ちょっと微妙ではありますが、それでも看護師にとって学習費用は必要経費なのではないかと思います。

ストレスが多い故の哀しい浪費癖も……。

人間の脳は、ストレスが多ければ多いほど、それを和らげようと働きます。看護師のように日々ストレスにさらされている人は、買い物をすることでそのストレスを和らげたり、「いつも頑張っている自分へのご褒美だから……」と、自己肯定の材料として欲しいものを買ったりしがちです。

看護師が良く買い物をしたり、美味しいものを食べたり、旅行に行ったりするのは、やはり日頃のストレスから解放されたいと言う脳からの指令が強いのかもしれませんね。

「将来のためにも、やっぱり貯金がしたい!」と思っている方は、こちらをチェック!

看護師だって皆が貯金できない訳じゃない、ちゃんと貯金してる人もいる

看護師の平均貯金額で、0~50万円の人が38%もいると言う話をしましたが、ではそれ以外の人はどうなのでしょうか?

実は……。

50~100万円が13%、100~200万円が13%、200~300万円が2%、300~500万円が17%、500~1000万円が10%、1000万円以上が6%と、300万円以上貯金している人が33%もいるんです!

これには私もショックを受けました。自分がどれだけ自堕落な生活を送って来ていたのかと猛省する羽目になった訳です。「でもなぁ~今更、どうやって貯金したらいいのかなんて、さっぱり解んないや……」って思いませんか?

ではここから、貯金できる派の皆さんのご意見を聞いてみましょう。

  1. 将来的な目標(お金の使い道)があればお金は貯められる?!
  2. 貯金のためには目標が必要

将来的な目標(お金の使い道)があればお金は貯められる?!

看護師としてしっかり働いて、ちゃんと貯金もできるなんて、どんなに偉い人なんだろうと感心してしまいますが、貯金できる派の人たちは、このような意見をお持ちです。

  1. ◎老後に備えて蓄えは必要!
  2. ◎結婚資金を溜めています
  3. ◎世界旅行をする目標のために
  4. ◎マンション購入資金のために

◎老後に備えて蓄えは必要!

年金なんてどんどん目減りばかりして将来的には当てにできない!だから今からコツコツ貯めます。

◎結婚資金を溜めています

兄妹が多く、親からの仕送りや援助が望めません。だから結婚資金は自分でしっかり貯めようと頑張っています。

◎世界旅行をする目標のために

人生は一度きり!今の仕事を辞めたら語学留学も兼ねて世界旅行をしたいと考えています。だから今は節約してしっかりお金を貯めています。

◎マンション購入資金のために

情けないけど今の所結婚の予定なし。自分の将来のためにマンションを買おうと思い、今自己資金を貯めている真っ最中です。

貯金のためには目標が必要

貯金できる派の皆さんの話を聞くと、やはり将来に向けての目標がしっかりとしている人が多いようです。漠然と「貯金したい」というだけでは、時間の無さやストレスに負けて、ついついお金を使ってしまうのかもしれませんね。

あとは、「○年先までに○○円貯める」と貯金そのものを目的にしてお金を貯めるツワモノも居るようです。正直、爪の垢を煎じて飲んでみたいです……。

「将来のためにも、やっぱり貯金がしたい!」と思っている方は、こちらをチェック!

貯金できない看護師が貯金するための具体的な方法とは?

「いや~、言ってることは分かるんだけどね~、実際お金はかかるのよ……。今更どうしたら良いかなんて、さっぱり分かんないし、貯まる気しないわ~」という人のために、年間200万円貯金すると言う、尊敬すべき私の友人からのアドバイスをお教えしましょう。

  1. 強制ルールを作る
  2. 塵も積もれば山となる
  3. カードでの使いすぎに気を付ける
  4. 飲み会は回数を減らす

強制ルールを作る

「今月お金が余ったら貯金しよう」というのは、絶対貯まらないそうです。給料が入ったら、最初に決めた額を強制的に貯金に回し、残った金額で生活をするようにしましょう。

また、夜勤明けで判断力が鈍っている時、空腹の時は買い物をしてはいけません。1万円以上の品物を衝動買いをしそうなときは、買わずに強制的に1週間、間を開けます。1週間たっても欲しいと思えた時は購入を考えましょう。

塵も積もれば山となる

忙しい時についついしてしまうコンビニでのお買い物。でもコンビニの単価はスーパーよりも平均で30~50円高めです。コンビニでの買い物は止め、買い物はスーパーでするようにしましょう。

そして大切なのはマイバックの持参だそうです。自分が持てる大きさのマイバックに収まる量しか、買わないようにするのだそうです。もちろん飲み物だって自販機での購入は禁止です。かならずマイボトル持参だそうですよ。

カードでの使いすぎに気を付ける

カードでの支払いは、お金を目にしないのでついつい使いすぎます。特にリボ払いにすると利息がかさむので、支払額がどんどん増えてしまいます。

カードでの買い物は月々いくらと上限を定め、それ以上使いそうな時はカードを持ち歩かないようにすると良いそうです。また、ポイントを貯めたい人は、使うカードの枚数を減らし、ポイントを一つのカードに纏めるのも良いそうですよ。

飲み会は回数を減らす

飲み会は月に何回と回数を決めて参加します。女子会の予定だったら、男性の医師を一人招くだけで、支払額が大幅に減ることも期待できるそうです(なんか、凄いですが…)。

また、気心が知れた仲間内で飲む時は、お総菜やアルコールを買い込んでの家のみもお勧めとか……。

「将来のためにも、やっぱり貯金がしたい!」と思っている方は、こちらをチェック!

コツコツ貯金するのは無理だという看護師は、今の仕事を見直してみる

「え~、そんな倹約生活は無理!忙しくて疲れてるのにできっこないよ!でも、貯金はしたいんだよね…」という人は、いっそ今の生活や仕事を見直してみてはどうでしょうか?

同じ忙しい思いをして仕事をするんだったら、業務量は同じでも、もっとお給料が良い職場を探せば、倹約しなくても差額を貯金に回せます。(勿論、お給料を貰ったらすぐに貯金しましょう!)

→「お給料が高い病院を探したいならこちらをチェック!

また、夜勤や忙しい業務で疲れて、倹約する心の余裕がないようなら、いっそのこと夜勤のない生活に変えると言う手もあります。

夜勤がなければ体の疲れは半減です。時間的にもゆとりが出て、食事も自炊しようとか、ちょっと遠くの安いスーパーまで買い物に行ってみようとかいう気力が出てきます。

→「夜勤のない生活がしたいならこちらをチェック!

今より給料を上げたい、夜勤の無い生活をしたいと思っている人は、転職コンサルタントへ相談してみよう

同じく忙しい仕事をするのなら、業務量は同じでも、もっとお給料が良い仕事がしたいと思っている人や夜勤の無い生活で、ライフスタイルに余裕を持ちたいと思っている人は、転職サイトの転職コンサルタントに相談をしてみることをお勧めします。

転職コンサルタントなら、具体的な仕事量やお給料などを確認してくれますし、夜勤の無い日勤のみの仕事の案件も多く持っています。自分の希望を相談することで、その希望に添うような仕事を探してくれます。

貯金が出来ず、今の生活がキツいと感じている人は、転職コンサルタントに相談してみるだけでも損はないと思いますよ。

あなたのXデーに備えて看護師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに看護師転職サイトに登録しておきましょう!

看護師転職サイトのおすすめ

看護師転職サイトはここがオススメ!

【1位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは看護師の転職を一番確実に成功させてくれる、信頼性の非常に高いサービスです。その長年の実績の中で培われた情報量が特徴で、専任担当者があなたの状況や希望を最大限に反映した形での求人紹介をしてくれます。

【2位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師も、転職をサポートしてもらうのにオススメです。非公開求人も多く、思わぬ好条件の求人が見つかる可能性が高いですのでナース人材バンクと併せて是非利用してみてください。

こちらもおすすめ

運営者情報 | ナースの楽園とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる