看護師にも楽な仕事はあった!ナースにとって楽な職場ベスト20!

看護師にも楽な仕事はあった!ナースにとって楽な職場ベスト20!

看護師の仕事って、ホントにハードでしんどいですよね?

どっぷりと疲れて家に帰り、何もできずに寝てはまた仕事……。

「あ~、も~仕事なんてしたくない……」

「仕事疲れが抜けなくて、休みの日に出かける気力もない……」

「おしゃれもしたいし、遊びに行きたいけど、何もやる気が起きない」

「看護師でも、もっと楽な仕事ってないの?」

 

そんな風に思っている人はいないでしょうか?

その気持ちは痛いほど良くわかります。

仕事で人生を棒に振るなんて、ナンセンスですよね?!

 

今回は、そんな悩めるナースのために、『看護師の楽な職場』について、しっかり分析&解説をしちゃいましょう!

看護師にとって楽な職場とは?やはりクリニックだった!

看護師にとって「楽」な仕事ってどんなの?

では逆に、看護師にとって『楽な仕事』とはどのような仕事を言うのでしょうか?

 

 

……という、この4つの「楽」に尽きます。

 

1.身体が楽

看護師はとにかく体を酷使する肉体労働者です。

トランスや様々な介助は不自然な体勢で行う事が多いので、いかにボディメカニクスを駆使しようと、体に負担が掛かります。

看護師にとって腰痛・肩こりはむしろ職業病と言っても良いほどですよね。

だから、体にかかる負担が少ないほど楽な職場なのです。

 

2.精神的に楽

患者の生死に関わるという精神的なプレッシャーだけでなく、医師や上司からのお小言、患者やその家族からの理不尽なクレームなど、看護師の仕事は精神的にかなりのストレスが溜まる仕事です。

このストレスが少ないほど、看護師にとっては楽な職場と言えます。

 

3.業務内容が楽

例えば救急外来やICUやCCCなど、患者の急変が多く発生する診療科や処置の多い科は、業務内容が忙しくて大変です。

業務内容が少なく、急変が少ない職場であればそれに越したことはありません。

 

4.仕事時間が短くて楽

看護師の仕事は、デスクに座りっぱなしで、コーヒーを飲みながらのんびりと……という訳にはいきません。

一日中駆けずり回りながら、事故や医療ミスの無いように気を張っていなければならないのでメチャクチャ疲れます。

その分、業務時間が長く、残業が長ければ長いほど、疲労は体に蓄積します

ですから、残業時間が短く、終了時間が早ければそれだけ楽になります。

 

特に、子育てをしているマナナースは、仕事が終われば育児や家事に追われる訳ですから、仕事時間が短く、残業がない(もしくは少ない)のが一番助かりますよね。

 

子育て中だから、もっと楽な仕事がしたい!……という方はこちらもどうぞ!

 

看護師にも楽な職場はある

実は、この1~4の全てに相反するものに『夜勤』があります。

夜勤をすることでホルモンバランスが崩れ、体調を崩しやすい上に、スタッフが少ない中での急変やトラブルにも対応をしなければなりません。

それは身体的にも精神的にも大きなストレスを看護師に与えているのです。そういう意味でも、夜勤は看護師にとって一番ストレスフルな環境だと言えます。

 

じゃあ、「夜勤もせず、身体も精神的にも楽で、業務内容が楽で仕事時間も短い……そんな職場、本当にあるの?!」と思うかもしれませんが、実は…あるんです!

 

ここまで言うと想像できるかもしれませんが、それはクリニック勤務です。

クリニックはご存じの通り夜勤がありません。

診療科をしっかり選べば、かなり楽が出来ます。

 

クリニック以外でも、夜勤が無くて拘束時間が短い職場は沢山あります

ここからは、そんなそれぞれの職場を、楽な条件である4項目に添って分析しながら、どこが一番楽な職場かを解説していきましょう。

 

看護師だけど、楽な仕事がしたい!…と言う人はこちらもチェック!

 

看護師にとって楽な職場ベスト20!

看護師にとって楽な職場と言える夜勤のないクリニックや健診センターなどをピックアップし、その診療科ごとに、『身体が楽か?』『精神的に楽か?』『業務内容が楽か?』『仕事時間が短くて楽か?』という項目に対し、以下の方法でポイントを追加して、集計をしてみました。

 

◎「すごく楽!」……3ポイント

〇「まぁまぁ楽」……2ポイント

△「ちょっと楽」……1ポイント

✕「大変(楽じゃない)」……0ポイント

 

その結果、各クリニックなどの集計結果から、楽な職場のベスト20が出ました!

 

看護師の仕事が楽な職場 ベスト20!

*各項目、最高3点で、計12点満点となります。

順位

勤務場所

身体が楽

精神的に楽

業務内容が楽

仕事時間が楽

合計

1位

心療内科

3

2

3

3

11

2位

歯科

3

3

3

2

11

3位

眼科

3

3

2

2

10

4位

デイサービス

2

2

3

3

10

5位

検診センター

3

2

3

2

10

6位

イベントナース

3

2

2

3

10

7位

保育園

1

2

3

3

9

8位

皮膚科

2

2

3

1

8

9位

人工透析

3

1

1

3

8

10位

グループホーム

1

2

2

3

8

11位

訪問看護

1

2

2

3

8

12位

採血室

1

2

3

2

8

13位

ツアーナース

1

3

3

1

8

14位

耳鼻科

2

3

2

0

7

15位

整形外科

1

3

2

1

7

16位

美容外科

3

1

2

1

7

17位

有料老人ホーム

2

1

2

2

7

18位

訪問入浴

0

3

2

2

7

19位

コールセンター

3

0

2

2

7

20位

老健&特養

1

1

2

2

6

 

1位:心療内科

楽なクリニックNo.1は心療内科です。

精神科の場合は、症状が重い患者さんもおり、暴れたり大声を出したりする人もいるので対応が大変ですが、心療内科の場合は症状の軽い方や落ち着いた方が多いです。

ナースの仕事は採血や注射の介助などがメインです(それもさほど数はないです)。

診察も完全予約制になっており、残業もほとんどありません。

仕事としてはかなり楽ですね。

 

 

身体が楽

精神的に楽

業務内容が楽

仕事時間が楽

合計

心療内科

3

2

3

3

11

 

 

2位:歯科

歯科の場合は、看護師の需要があまりないのですが、インプラントなどを実施している歯科ではバイタル測定などのために看護師が働いています。

点滴やバイタル測定以外はほぼやる事もなく、歯科助手的な役目もしますが、歯科衛生士とは違い、細かい作業や責任のある作業はする事がないのでかなり楽です。

ノンストレスで休日もしっかり取れ、残業もほぼないので、自分の時間が大切にできます。

 

 

身体が楽

精神的に楽

業務内容が楽

仕事時間が楽

合計

歯科

3

3

3

2

11

 

 

3位:眼科

眼科は身体的にも精神的にもほぼストレスが無く、気楽に働ける職場です。

看護師は点眼やバイタル測定がメインです。

他は測定器を使っての眼圧測定や視力測定がありますが、どれも慣れてしまえば超簡単です。

白内障の日帰り手術などを行っている所は、術前術後のケアも入りますが、これもオペナース的な役割をする訳ではありませんので楽です。

急変などもまずないので、楽な職場と言えますね。

 

 

身体が楽

精神的に楽

業務内容が楽

仕事時間が楽

合計

眼科

3

3

2

2

10

 

 

4位:デイサービス

こちらは医療行為を行わない施設系の職場になります。

利用者の方の内服管理や体調不良時のバイタルチェックなどがメインになります。

利用時間が決まっているので、まず残業はありませんし、土日休みの施設も多いので、家庭を持っている主婦などに向いています。

 

 

身体が楽

精神的に楽

業務内容が楽

仕事時間が楽

合計

デイサービス

2

2

3

3

10

 

 

5位:検診センター

健診センターは健康診断に訪れた人に対して検査をする場所です。

看護師の業務は採血や健康管理に関するアドバイスがメインになります。

採血以外は心電図や視力・聴力検査などを行う場合もありますが、どれも慣れてしまえば簡単です。

健康な方を相手にしますので、利用者にはお客様としての丁寧な対応が求められます。

休みもしっかり取れますし、楽な職場と言えます。

 

 

身体が楽

精神的に楽

業務内容が楽

仕事時間が楽

合計

検診センター

3

2

3

2

10

 

 

6位:イベントナース

イベントナースは、地域で行われる催事などのイベントやコンサート、花火大会などに駆り出される仕事です。

基本的には医務室で待機していますが、体調不良を訴える方が来ない限りは暇です。

イベントの種類によってはトラブルが発生することもありますが、それを除けば超楽ちんです。

ただ、イベントナースの場合はアルバイトが殆どで、正社員になれるケースは殆どありません。

 

 

身体が楽

精神的に楽

業務内容が楽

仕事時間が楽

合計

イベントナース

3

2

2

3

10

 

 

7位:保育園

保育園に勤務する看護師は、ほぼ保育士と同様の業務をします。

子供に慣れていて、子供好きなナースには最適と言えます。

看護師の役割は子供の健康管理とケガの処置などです。基本的には保育園のスケジュール通りにお休みがもらえますし、残業もほぼありません。

子供相手ですので、ちょっと疲れるのがたまに傷でしょうか?

 

 

身体が楽

精神的に楽

業務内容が楽

仕事時間が楽

合計

保育園

1

2

3

3

9

 

 

8位:皮膚科

皮膚科は医師の診察介助や薬の塗布、ガーゼ交換などの処置がメインです。

難しい業務はないので比較的身体は楽ですし、ストレスもあまりありませんが、混んでいることが多いので、比較的残業が多めになります。

 

 

身体が楽

精神的に楽

業務内容が楽

仕事時間が楽

合計

皮膚科

2

2

3

1

8

 

 

9位:人工透析

人工透析は、患者さんの透析スケジュールがしっかりと決まっていますので、看護師のシフトも規則的で予定を立てやすい職場です。

時間もきっちりと決まっていますので、残業はありません。

今は人工透析器が進歩しているので、透析に関連した様々な計算も自動で行ってくれますが、患者の食事指導や生活指導については、きちんとした知識が必要になるので、しっかりと勉強をしなくてはいけません。

透析開始と終了時が忙しくなりますが、それ比較的は意外と暇です。

因みに、患者さんは意外に細かい(神経質な)方が多いです……。

 

 

身体が楽

精神的に楽

業務内容が楽

仕事時間が楽

合計

人工透析

3

1

1

3

8

 

 

10位:グループホーム

グループホームは、認知症の高齢者や障害者の方などが、援助や介護を受けながら共同で生活する場になります。

看護師は入居者の健康管理と服薬管理をメインに、料理を一緒に作ったり、健康状態をチェックしたりします。

ホームによってはある程度の処置をしたり、介護上のケアを手伝う所もあります。

シフトがきちんと決まっていますので、残業などはありません。

高齢者のケアに関わりたい方向けの職場になります。

 

 

身体が楽

精神的に楽

業務内容が楽

仕事時間が楽

合計

グループホーム

1

2

2

3

8

 

11位:訪問看護

訪問看護は1日のスケジュールがほぼ決まっていますので、突発的な訪問が入らない限りは時間通りに仕事を終えることが出来ます

休みもきちんと取れます。

ステーションによってはオンコール体制がある所もありますが、症状が重い方は少ないので、急変などで呼び出されることはほぼありません

 

ただ、ナースの中には、お給料が沢山欲しいから出来高制(歩合制)で働きたい……と言う人もいます。

その場合は拘束時間が長くなりますので、この限りではなくなってしまいますね。

 

 

身体が楽

精神的に楽

業務内容が楽

仕事時間が楽

合計

訪問看護

1

2

2

3

8

 

 

12位:採血室

採血室は文字通り採血業務をずっと行う職場です。

ただひたすらに黙々と採血を続けるので、採血の腕前はかなり上がります。

仕事自体は慣れてしまえば単純作業ですから楽ですね。

 

 

身体が楽

精神的に楽

業務内容が楽

仕事時間が楽

合計

採血室

1

2

3

2

8

 

 

13位:ツアーナース

ツアーナースは文字通り学校の修学旅行や林間学校などに付き添いで同行する看護師のことを言います。

乗り物酔いや頭痛、生理痛、ちょっとしたケガ等に対応します。大きなけがをすることは滅多にありませんが、骨折時などの応急手当法ぐらいは覚えておいた方がいいです。

旅行好きなナースやちょっと気分転換がしたいナースには、たまらない仕事ですよね。私も同行したい!

ですが、こちらもアルバイトが殆どで正社員の話はまず聞きませんね。

 

 

身体が楽

精神的に楽

業務内容が楽

仕事時間が楽

合計

ツアーナース

1

3

3

1

8

 

 

14位:耳鼻科

耳鼻科での看護師の業務は吸入器の準備や器材の準備、聴力測定や検査の介助になります。

業務内容自体は至って簡単ですが、1年を通していつも混んでいます。

特にアレルギー患者の増える時期は超多忙!子供も多く、その時期は残業必須です。

 

 

身体が楽

精神的に楽

業務内容が楽

仕事時間が楽

合計

耳鼻科

2

3

2

0

7

 

 

15位:整形外科

整形外科の看護師は処置以外に介助系の仕事が多いために、体力はかなり使います。

身体を動かすことが好きな人に向いています。職場自体は若い理学療法士や助手も多いため、明るく活気のある職場が多いです。

残業はほとんどありませんし、急変患者もほぼいませんので、精神的には凄く楽な職場と言えます。

 

 

身体が楽

精神的に楽

業務内容が楽

仕事時間が楽

合計

整形外科

1

3

2

1

7

 

 

16位:美容外科

美容外科は、業務内容の割にはお給料も良く、人気のある職場です。

ただし、患者さんは美しくなるために大金を支払ってくる方たちなので、自分の思うようにならなかった場合のクレームはきつめです。

職場によってはノルマがある所もあるため、それがストレスになる人も多いですね。

 

 

身体が楽

精神的に楽

業務内容が楽

仕事時間が楽

合計

美容外科

3

1

2

1

7

 

 

17位:有料老人ホーム

有料老人ホームは、入居者の状況やニーズに応じて、介護付き、住宅型などいくつかの種類があります。

提供するサービス内容により低額のホームから高額のホームまでさまざまですが、それによって看護師の業務内容もかなり変わってきます。

基本的には入居者の健康管理がメインとなります。

入居者の対応に加え、その家族の方への対応も求められるため、気苦労は多いですね。

 

 

身体が楽

精神的に楽

業務内容が楽

仕事時間が楽

合計

有料老人ホーム

2

1

2

2

7

 

 

老人ホームに興味があるけど、どうしたら良いの?……という方はこちらもチェック!

 

18位:訪問入浴

訪問入浴はとにかく体力勝負!

入浴の介助を必要とする方の自宅まで赴き、入浴の介助を行う仕事です。

看護師は主に利用者の方の入浴前後のバイタルチェックと体調の観察、そして入浴後に必要な処置があればそれを実施します。

最新式の入浴機械を備えた入浴車両があれば、介助する方も楽ですが、そうでなければ、トランスや身体ケアまで看護師は結構体力を使います。

夏場などは汗だくになりますしね。

 

でも、精神的にはすごく楽な職場になります。

 

 

身体が楽

精神的に楽

業務内容が楽

仕事時間が楽

合計

訪問入浴

0

3

2

2

7

 

19位:コールセンター

コールセンターは、デスクに座って電話の受け答えをするだけですので、かなり楽な仕事です。

企業の健康相談窓口や製薬会社のコールセンターなどが主な職場になります。

相談者からの話を聞き、質問に答えたりアドバイスをするのが主な仕事になりますが、中には理不尽なクレームを訴えて来る人も居ます。

クレーマーと言うのは、こちらに非がないのに、理不尽に文句を言う人ですから、そのような人に対応するのは、精神的にかなり苦痛ですよね……。

 

 

身体が楽

精神的に楽

業務内容が楽

仕事時間が楽

合計

コールセンター

3

0

2

2

7

 

 

20位:老健&特養

老健(介護老人保健施設)は施設の中でも夜勤があり、要介護1以上の方と比較的症状の軽い方が入居しています。

医療行為も普通にあります。

 

特養(特別養護老人ホーム)は要介護3以上の方と介護度が高く、重症な方も多く入居しています。

看取りも多くあり、体力的にもきついです。

 

両方とも、高度な医療スキルは必要としませんが、介護士さんとの確執が多いと言われており、施設の中では残念ながらあまり人気はありませんね。

 

 

身体が楽

精神的に楽

業務内容が楽

仕事時間が楽

合計

老健&特養

1

1

2

2

6

 

 

その他(クリニカルコーディネーターなど)

クリニックや施設勤務以外に、最近ではクリニカルコーディネーター(CC)や治験コーディネーター (CRC)、臨床開発モニター(CRA)などの仕事も看護師の募集を良くしています。

 

クリニカルコーディネーターは看護師ではなく、看護師の知識を活かした営業職になります。

医療機器メーカーに勤務する事が多く、医療職に向けての説明や実演を行います。

 

治験コーディネーターは治験に参加する被験者を捜し、検査の説明をする仕事です。

どちらかというと書類などの事務的な作業がほとんどです。

 

臨床開発モニターは、治験をしている医療機関を訪れ、治験のモニタリングを行い、データ回収をする仕事です。

そのため、年がら年中出張があり、あちこちを飛び回る事になります。

お給料面はかなり高待遇だとされています。

 

しかし、その仕事も時間にゆとりが無かったり、営業ノルマなどが有ったりするため、それがストレスになり辞めてしまうナースが多いようですね。

名前がカッコ良くてつい飛びつきたくなってしまいますが、あまり楽な職場とは言えないようです。

 

 

身体が楽

精神的に楽

業務内容が楽

仕事時間が楽

合計

クリニカルコーディネーター

2

1

2

0

5

治験コーディネーター

2

2

1

0

5

臨床開発モニター

1

2

1

0

4

 

 

看護師にとって楽な仕事にはデメリットもある?!

看護師にとって楽な職場で働ければ、ストレスも軽減し、私生活も充実させることが出来て、まさに嬉しい事ばかりです。

 

でも、ここで気になる事があります。それはズバリ!……お給料です。

 

看護師にとって楽な職場の殆どは夜勤がないので、その分夜勤手当が付きません。

そうなると、夜勤をしていたときより最低でも月に5万円程度、お給料が減ってしまいます

加えて、単純な業務が増えるので、仕事に対してのやり甲斐を感じないという意見も多くあります。

 

じゃあ、どうすればよいのか?

 

最低限、夜勤をすればお金は稼げます。ならば、病棟で夜勤をやりながらも、楽な病棟で仕事をすれば、お給料もさほど減らずに、ある程度は楽ができる……とは思いませんか?

 

……ということで、次は看護師にとって楽に働ける病棟とはどういう所かを検証してみましょう!

 

看護師だけど、楽な仕事がしたい!…と言う人はこちらもチェック!

 

看護師にとって楽な仕事は、病棟にもある!

看護師にとって楽な仕事とは、夜勤の無い事が一番ですが、それだとお給料が減ってしまうのが一番の難点です。

 

そこで、百歩譲って「夜勤はしても良いけど、少しでも楽な仕事がしたい!」という人のために、楽な病棟はどこかを紹介したいと思います。

 

楽な病棟の条件って何?

看護師にとって楽な病棟の条件とは、以下の4項目に該当する所です。

 

 

1.急変が少ない(ほぼない)所

患者さんの急変は突然起こります。

自分がその時何をしていても人命優先ですから、当然そちらに人手が割かれます。

もちろん通常業務は急変があってもなくなりません。

その分、業務が押し、残業も増えますから、心身共にストレスがかかります。

看護師にとって急変が少ない(ほぼない)仕事は、有難いものです。

 

2.手術がない所

手術はオペ室に任せておけば良い訳ではなく、術前・術後ケアが大変です。

術後は生命に関わるリスクも上がりますので、手術がないに越したことはありません。

 

3.入退院が少ない所

入退院が多い所は、それだけで大変です。

入退院時のオリエンテーションやアナムネの聴取やサマリー作成、看護計画の立案だけでもかなりの業務量です。

入院直後は検査なども山のようにオーダーが出ます。

なので、入退院が少ない所の方が落ち着いて仕事ができ、楽ですね。

 

4.力仕事が少ない所

患者さんが寝たきりで動けない人が多かったり、チューブ類が多く入っていていたりすると、管理が大変な上に、力仕事がどうしても増えます

一般職の腰痛発生率が10%であるのに対し、長期に力仕事の多い科で働いているナースは、腰痛発生率が60%まで跳ね上がるとまで言われています。

看護師の仕事はどうしても力仕事が多くなりがちですが、そういう点でも力仕事は少ないに越した事はありませんよね。

 

看護師にとって楽な病棟は療養型病棟

上に挙げた4つの項目に該当する病棟は中々ありませんが、『療養型病棟』の場合はこれらの条件を満たしています。

 

療養型病棟の場合、ほとんどの患者さんは症状が落ち着いていますので、急変はまずありません。

もちろん、手術はないですし、入退院も少ないです。

 

加えて、療養型病棟の場合は、介護士が配置されています

排泄介助や身体保清、移動時の介助などの力仕事は、基本的には介護士の仕事になります。

看護師も当然手伝いますが、全体的な力仕事の割合としては、他の病棟よりもかなり少なくなります。

 

 

急変が少ない

手術がない

入退院が少ない

力仕事が少ない

療養型病棟

 

* ◎→「すごく楽!」 〇→「まぁまぁ楽」 △→「ちょっと楽」 ✕→「大変」

 

回復期リハビリテーション病棟も良い

楽な上に、病院によってはお給料が良いのが回復期リハビリテーション病棟です。

リハビリ期の患者さんですので、急変は勿論少ないですし、手術もありません。入退院はさほど多くないです。

 

ただし、回復期リハビリテーション病棟は介護士が配置されていますが、ADLの低い方が多く看護師も様々な介助をしますので、力仕事はそれなりにあります

 

 

急変が少ない

手術がない

入退院が少ない

力仕事が少ない

回復期リハビリテーション病棟

 

* ◎→「すごく楽!」 〇→「まぁまぁ楽」 △→「ちょっと楽」 ✕→「大変」

 

内分泌系内科病棟も良い

あと気になるのが、糖尿病や甲状腺疾患などの内分泌系の患者さんがメインで入院をしている内分泌系の内科病棟です。

 

糖尿病ですので低血糖や高血糖による昏睡などは起こりますが、対応はしやすいです。

もちろん手術はありません。

 

入退院は多少ありますが力仕事はほぼないので、楽な病棟と言っても差し支えないでしょう。

ただ、採血業務は多いので、採血の苦手なナースにとっては楽とは言えないかもしれませんね。

 

 

急変が少ない

手術がない

入退院が少ない

力仕事が少ない

内分泌系内科病棟

 

* ◎→「すごく楽!」 〇→「まぁまぁ楽」 △→「ちょっと楽」 ✕→「大変」

 

看護師に楽な仕事の労働条件

ここまで、看護師にとって楽な仕事として、クリニックや施設などの夜勤の無い職場、また夜勤があっても比較的楽に働ける病棟等を紹介しましたが、この先は少し視点を変えて考えてみましょう。

 

確かに夜勤の無いクリニックや、急変や手術・入退院や力仕事の少ない病棟は、看護師にとって楽な仕事と言えます。

しかし、看護師によっては、「これじゃ、やり甲斐が感じられない」とか、「お給料が少ない」と思われる人もいるかと思います。

 

そこで、仕事はそこそこ忙しいけど、他の環境が良いためにストレスをあまり感じずに済む職場について考えてみましょう。

看護師にとって仕事がしやすい楽な環境とは?

看護師にとって、仕事がしやすく、楽だと感じられる環境とは、先にお話しした「急変が少ない」「手術がない」「入退院が少ない」「力仕事が少ない」以外に、以下のような環境があります。

 

 

1.年間休日が多い

普段どれだけ忙しく働いていても、お休みがしっかり取れれば、仕事の疲れをリセット出来ますので身体的にも精神的にも楽になります

年間休日数が130日以上あれば、週に2日は必ず休みが取れますので、労働環境としてはとても大切な事ですね。

 

2.有給休暇消化率が高い

有休がいくら支給されようと、取れずに捨ててしまうのでは何の意味もありません。

年間20日程度の有給休暇があり、少なくても有給休暇消化率が60%を超えていれば、週休とつなげて1週間の連休を年2回は取れます

リフレッシュ休暇は大事ですよ?

 

自分の休みは多い?少ない? 看護師の休みについてもっと知りたい方はこちらもどうぞ!

 

3.人間関係が良好

正直、これが仕事をする上ではとても大切です。

どんなに仕事が楽でも、人間関係が悪く、スタッフ同士でしょっちゅうケンカをするようでは、その職場では長く続きません。

仕事をする上で人間関係が良ければ、仕事も楽に感じるはずですよね。

 

看護師の人間関係についてもっと知りたい方はこちらもどうぞ!

 

4.通勤が楽

都心では職場までの片道を、電車で30分以上かけて通勤していると言う人が少なくありません。

ましてや看護師の場合、OLとは違い、フレックスタイム制などがないので、どうしても満員電車にもみくちゃにされて通勤せざるを得ない訳です。

見ず知らずの人と密着しながら、押されたり、臭い息を吹きかけられたり、目の前でくしゃみなんてされたらたまったもんじゃありません。

長時間の通勤はそれだけでかなりのストレスですよね。

 

職場まで徒歩圏内というのは難しいかもしれませんが、自転車やバイク・車などで簡単に通える等、通勤が楽なのは理想ですね。

 

看護師だけど、楽な仕事がしたい!…と言う人はこちらもチェック!

 

看護師にとって楽な仕事は条件次第でたくさんある!

いかがでしたか?

看護師にとって楽な仕事は、夜勤がない所がベストですが、他にも身体的・精神的に楽、業務内容が楽、仕事時間が短い、急変が少ない、手術がない、入退院や力仕事が少ない、年間休日が多く有給休暇消化率が高い、人間関係が良く通勤が楽など、様々な要素がある事がお分かり頂けたと思います。

 

夜勤はない方が精神的にも肉体的にも楽ですが、看護師の中には「もう夜勤に慣れちゃったから、日勤ばっかりの方がしんどい」という人も居ます。

夜勤がない楽な仕事の場合は、どうしてもお給料が安くなりますので、もし夜勤に苦痛を感じていないなら、夜勤をしつつも楽ができる病棟を探すのも一つの手段です。

 

また、お給料はしっかり欲しいと言う場合は、お休みが沢山取れるとか、人間関係が良いとか、他の条件で働く環境が楽になる所を選ぶというのもありです。

どういう条件を楽と感じるかは、あくまでもあなた次第です。そこを見極めることが大事なんですね。

 

今が辛くて看護師を辞めたい人も、ちょっとだけ考えてみて

看護師の仕事が辛くて、看護師を辞めたいと思っている人はたくさんいます

そういう人の多くは、「人の命に関わるという責任が、自分には重すぎる」と言ったり、「とにかく疲れたから、看護師の仕事から離れたい」と言います。

 

確かに看護師の仕事はストレスフルで、正直、仕事量とお給料が見合っていません。

厚生労働省と看護協会が必死になって看護師確保に動いていても、どれだけ看護学校が増えて看護師資格を取る人が増えても、看護師の定着率が悪いのは、業務量と心身にかかる負担に見合ったお給料が還元されないからだと思っています。

 

その反面、一旦看護師を辞めて他の仕事に就いた人が、ある一定の充電期間を過ぎると、一般職のお給料に不満を感じて看護師に復帰する事が多いのも事実です。

 

ならばいっそ、看護師を辞める前に、同じ看護師の仕事でも楽な仕事に移った方が良いとは思いませんか?

 

私は看護師に向いてない…辞めた方が良いのかな?……と思っている方はこちらもチェック!

 

楽な仕事に就きたいけど、どうしたら良いかわからない人は?

これまでの内容を読み、「何だかよくわからないけど、とにかく楽な仕事が良いよね!」と思った人や、「こんな楽な仕事って、近くにあるの?」という人は、一度、転職サイトの転職コンサルタントに相談をしてみて下さい。

 

自分は今、こんなところが辛いから、楽な仕事に移りたいという人でも構いません。

転職コンサルタントなら、きっとあなたの良い相談相手になって、看護師として楽に働ける仕事を探してくれます

 

転職サイトってどう選べばいいのかわからない……という方はこちらもチェック!

あなたのXデーに備えて看護師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに看護師転職サイトに登録しておきましょう!

看護師転職サイトのおすすめ

看護師転職サイトはここがオススメ!

【1位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは看護師の転職を一番確実に成功させてくれる、信頼性の非常に高いサービスです。その長年の実績の中で培われた情報量が特徴で、専任担当者があなたの状況や希望を最大限に反映した形での求人紹介をしてくれます。

【2位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師も、転職をサポートしてもらうのにオススメです。非公開求人も多く、思わぬ好条件の求人が見つかる可能性が高いですのでナース人材バンクと併せて是非利用してみてください。

こちらもおすすめ

運営者情報 | ナースの楽園とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる