看護師で出世したくない人は、無理して管理職なんてやっちゃダメ!

看護師で出世したくない人は、無理して管理職なんてやっちゃダメ!

こんにちは!Kaorunです。いつもお仕事お疲れ様です!

「出世したくない看護師」が、今回お話しするテーマです。

「今度、師長になるように言われた。正直、嫌なんだけど……」

「師長って、何でも自分で判断しなきゃダメだし、孤独だし、大変そうだからやりたくない」

「管理職なんて、上には怒鳴られ、下からは文句を言われ、良いことないよね」

そんな声を良く耳にします。

そう、誰もが出世したい訳じゃないんです。

そんな出世したくないあなたのために、管理職の裏事情と出世しないための裏ワザをお教えしちゃいます!

看護師にだって出世したくない人はいる!管理職の闇

看護師で出世したくない人?もちろん、います。

看護師として管理職になる人には大きく分けて2つのタイプがあります。

一つは野心旺盛で、「私が管理職になって、この病棟を変えたい!」とか「せっかく看護師になったんだから偉くなりたい」と、自ら管理職を目指すタイプと、もう一つは、出世なんてしたくないのに、ただ黙々と真面目に仕事をしていたら、その姿勢を上司に認められ、自分の意思に反して管理職になってしまうタイプです。

管理職と聞くと、看護師カーストの頂点部分に君臨するエリート集団を思い浮かべるかもしれませんが、その実情は、決して人が羨むようなものではありません。

今回は出世したくないあなたのために、実際に管理職になった人の辛い現状と具体的な声をご紹介しましょう。

  1. 上司からのダメ出しと仕事のハードさに心身共にボロボロ
  2. 管理職だから残業代も出ない、サービス残業の嵐
  3. 当たり前の指導をしただけで、パワハラだ、セクハラだと言われる
  4. 人の裏の顔ばかりが見えて、人間不信になってしまった
  5. 管理職をやっていける自信がない。何より勤務表を作るのが無理!

上司からのダメ出しと仕事のハードさに心身共にボロボロ

上司からのダメ出しと仕事のハードさに心身共にボロボロ

管理職だから残業代も出ない、サービス残業の嵐

管理職だから残業代も出ない、サービス残業の嵐

当たり前の指導をしただけで、パワハラだ、セクハラだと言われる

当たり前の指導をしただけで、パワハラだ、セクハラだと言われる

人の裏の顔ばかりが見えて、人間不信になってしまった

人の裏の顔ばかりが見えて、人間不信になってしまった

いや~、どれもこれも辛辣ですね。

でも、全て実話ですから、怖いです。

普通のスタッフは、師長の心は鋼で出来ていると思っているんでしょうね。

「管理職は嫌われてなんぼ」とは言いますが、師長だって同じ心を持った人間なんです。

顔にこそ出しませんが、心底傷ついているんです。

もし、出世して自分が管理職になってしまったら、こんなにも大変な思いをしなくてはいけなくなるなんて、やはり嫌ですよね。

次に、実際に管理職への昇格を打診されているナースの声を聞いてみましょう。

管理職をやっていける自信がない。何より勤務表を作るのが無理!

体験談「管理職をやっていける自信がない。何より勤務表を作るのが無理!」

確かに、管理職になると勤務表を作成したり、週間予定や毎日の業務を細かく割り振る必要が出てきますよね。

でも、正直、沢山のスタッフを抱え、30人いたら30人が気に入るようなシフトや濃厚な指導なんてできやしません。

神様じゃないんですから。

でも、スタッフはあれやこれやの主張で師長を攻め立てて悪口を言いまくります。

そういうのを見ていたら、出世したくない看護師が多くいるのも納得ですよね。

私は出世なんてしたくない!管理職なんて嫌! という方はこちらをチェック!

看護師が出世したくない理由ベスト3

看護師で出世したくない人は、このように様々な理由から存在するのですが、出世したくない理由は大きく分けて3つあります。

  1. その1)管理職なんて割に合わない
  2. その2)現場で患者に関わりたい
  3. その3)キャリアアップしたい

その1)管理職なんて割に合わない

最初の事例でもご紹介したように、管理職の場合、ほとんどのケースは残業代が支給されません。

管理職の手当も、大きい病院だと5万~10万円と大きな額が支給されますが、中小規模の病院などは3万~5万と少な目で、しっかりと夜勤をした方がお金が稼げることの方が多いんですね。

上司には怒鳴られ、スタッフからは文句を言われ、始終孤独で、心から味方してくれる人などそうはいません。

ストレスは溜まる一方です。

中には管理職という地位にどっぷりと胡坐をかいて、顎でスタッフを使う権力主義の人も居るでしょう。

でも、大概は、そうではないのです。

これじゃあ出世なんてしたくないですよね。

その2)現場で患者に関わりたい

全ての看護師がそうだとは言い切れませんが、看護師は基本的にお人好しで、誰かの役に立ちたいと思っている人が殆どです。

病気やけがで辛い思いをしている人に寄り添い、助けたいという気持ちが根底にあります。

患者様が回復して退院する時は素直に嬉しいですし、「ありがとう」なんて声をかけられたら単純に「この仕事をしていて良かった」と思えます。

要するに看護師の仕事は「現場で患者様に関わってなんぼ」の仕事なのです。

出世したら患者様に直接かかわる事は少なくなりますので、患者様に関わるのが好きな人は、どうしても出世したくないと思ってしまうのです。

その3)キャリアアップしたい

看護師として様々な勉強をしてキャリアアップすることは、患者様や病院などにとってとても有益な事ですが、何よりも専門的な知識や技術が身に付く事で自分自身の自信につながります。

そして、看護師としてキャリアアップする大きな目的は、取得したスキルを現場で活かすことです。

出世して管理職になってしまうと、そのスキルを活かす機会そのものが少なくなってしまので、スキルも磨けずキャリアアップできません。

勿論、看護管理者としてのキャリアアップもありますが、組織のマネジメントが主な内容ですから、マネジメントに興味がない人にとってはあまりやり甲斐があるとは言い難いものです。

なので、キャリアアップしてバリバリに現場で仕事をしたいと言う人には、出世したくないと言う人が多く見受けられますね。

私は出世なんてしたくない!管理職なんて嫌! という方はこちらをチェック!

看護師で出世したくないのに、無理して管理職を引き受けたらどうなるか

看護師が出世したくないのに出世してしまった場合は、正直、管理職ほど辛い仕事はないと思います。

事実、私は沢山のナースと面談をし、その悩みに耳を傾けて来ましたが、結果的に良くない結末となってしまった人たちを大勢目の当たりにしています。

  1. 看護師として出世したくない人が管理職になると、しまいには病んでしまう
  2. 自己のストレスケアもマネジメントの一環だなんて、大きなこと言わないでください
  3. 上司の口車に乗ってはいけない
  4. 業務命令で出世した人の苦悩
  5. 人生辞めますか? それとも管理職辞めますか?

看護師として出世したくない人が管理職になると、しまいには病んでしまう

私が今まで面談をしてきた中で、重症なケースの多くは管理職の人たちでした。

一番多いのはうつ病を発症し休職や退職に至るケースですが、次に突発性難聴やメニエル症候群、甲状腺機能低下症(または亢進症)、心疾患、気管支喘息や子宮内膜症などを発症するケースが多くありました。

それだけ管理職というのは責任が重く、ストレスが溜まりやすい職務なのです。

自分の体が大事で、まだ死にたくない正常な判断が出来る人であれば、看護師としては出世したくないと思うはずですよね。

自己のストレスケアもマネジメントの一環だなんて、大きなこと言わないでください

何を隠そう、私は今も管理職をしています。

ですが、この職務に付いてから、とにかくストレスが原因と言われる様々な病気を経験しました。

偉い方々は、「管理者なら、自己のストレスケアもきちんとマネジメント出来なきゃダメでしょう」と言い放ち、管理職の中ではそれが当たり前だとされています。

私もアロマやヨガ、スイミングに温泉、マッサージとありとあらゆるものを試し、ストレスマネジメントの勉強会などにも進んで参加しました。

でも、結局ダメなものはダメなんですよ。

最終宣告は、私を診察した医師からの「あなた、このままじゃ死ぬよ?」の一言でした。

さすがにまだ死にたくはなかったので、ここでようやく病院に辞表を提出したと言う訳です。(それでも、あの手この手で引き留められましたが……)

今もまだ大量の薬を飲みながら、病気とお付き合いをしているわけですが、こうなって思うのは、「あの時、無理をしなきゃよかった……」ということですかね。

正直、出世して良かったことなんて、私には一つもなかった気がします。

上司の口車に乗ってはいけない

私も昇進の打診があった時は、「もっとキャリアアップがしたい」「現場で患者様と接していたい」「親の面倒をみているので、お休みが取れないと困る」と散々抵抗しました。

でも、上司は、「キャリアアップはいつでもできる」「管理職は患者様と接するための究極のポジション」「自分で勤務表を作るんだから、休みは自由に取れば良い」と、それはそれは上手に管理職への誘導をするのです。

正直言って、あの人たちは洗脳のプロですね。

上手におだててこちらの意思を汲み取る姿勢を見せるのです。

そして「そこまで仰るなら……」と引き受けたら最後、そこからは地獄へ真っ逆さまです。

仕事に追われ、キャリアアップの研修に参加したくても時間がない。

勿論、時間がないので患者さまとじっくり関わるなんて到底無理です。

スタッフは山のような勤務希望を出してきますし、会議だって山のようにあるので、自由に休みを取れる訳がありません。

もう、完全な詐欺被害者状態です

業務命令で出世した人の苦悩

私の友人は、管理職の打診を受け、何度も断り続けていましたが、結局は「業務命令」の一言で管理職を押し付けられました。

とにかく毎日が大変そうで、日が経つにつれてどんどん彼女の顔から笑顔が消えていくのが判りました。

そして病棟師長になって2年が過ぎた頃……マンションのベランダから飛び降りようとしたところを、何とか思い留まったそうです。

その事を後で告白された時、私は怖さで足元が震えました。

もし、最悪の事態になり、大切な友人を失う結果になっていたらと思うと、今でも背筋がぞっとします

彼女は今、長年勤めた病院を辞め、精神科のデイケアで働いています。

会ってお茶をすると、いつもの彼女の笑顔が戻っていて、今はホッとしています。

人生辞めますか?それとも管理職辞めますか?

もともと出世したくない人間が、出世をして管理職をする事に無理があります

そういう人に限って根が真面目ですから、頑張りすぎてしまうのです。

しまいには何かが「ポキッ」と音を立てて壊れてしまうのが普通です

中には、思い切って管理職を引き受けたら思いのほか自分に向いていた……なんていう話もたまには聞きますが、そういう人はほんの一握りに過ぎません。

もしあなたが、出世したくないのに管理職を打診されているなら、勇気を出して断りましょう。

病院側もあの手この手であなたを管理職にしたがりますが、折れてはダメです。

どうしても逃れられずに管理職を引き受けてしまった……という場合でも、まだ遅くはありません。

少しでも早く、その鉄のように重い管理職の鎧を脱ぎ捨ててください。

今の職場で管理職を辞退する、もしくは降板するのが無理なようであれば、その時は辞める事も考えた方が良いです

私は出世なんてしたくない!管理職なんて嫌! という方はこちらをチェック!

看護師で出世したくない人は、その意志を貫こう!

如何でしたか?

看護師として出世したくない人が管理職になっても、決して良い結果にはならないという事を、お分かりいただけたでしょうか?

「管理職なんて割に合わない」、「自分は現場で患者様に関わっていたい」、「キャリアアップしたい」と言う人は、その意志を曲げてまで、管理職をしてはいけないのです。

最終的には体を壊したり、メンタル的に参ってしまい、取り返しのつかない状態に陥ってしまいます。(勿論、自分は管理者に向いていると自信のある方は、その限りではありません。)

  1. 看護師で出世したくない人は、無理して管理職になんてなっちゃダメ!
  2. 自分のやりたい仕事をすると言う選択
  3. 疲れている時は、無理は禁物

看護師で出世したくない人は、無理して管理職になんてなっちゃダメ!

病院の中で、看護師と言う職種は大多数を占める大きな集団になります。

そのため、「組織」というものが重んじられ、業務命令は絶対だと叩き込まれます。

ある意味私たち看護師は究極のイエスマンです。

上層部から主任や師長に任命されれば、嫌でも「NO」とは言えません

でも、出世したくないと思っている人は、心を鬼にして「NO」と主張しなければダメです。

そしてどんなにしつこく強要されたとしても、頑なに「NO」と言い続ける事が大事なのです。

それであなたの評価が下がったとしても、それは一時の事。

これから先の一生を台無しにすることを考えたら、ここは心を強く持ってください

自分のやりたい仕事をすると言う選択

例えば、あなたがもっとキャリアアップをしたいのであれば、キャリアアップできる職場に移れば良いですし、少し肩の力を抜いてのんびり患者様と接したいと言うのであれば、そういう職場を選べば良いのです。

何も無理をすることはありません。

あなたが無理をして体を壊したり、メンタル的に参ってしまったら、悲しむのはあなたの大切な人です。

あなたを大事に思ってくれている家族であったり、恋人であったり、友人が一番悲しんでしまいます。

ですから、そうならないように、今ここで踏み止まることが必要です。

万が一、今、あなたがしたくもない管理職を引き受けていて、辛い立場にあるのなら、管理職を退くか、今の職場を辞めて新しい環境に身を置くと言うのも手段のひとつだという事を心に留めておいてください。

疲れている時は、無理は禁物

そして、出世するのを拒んだがために、今の職場に居づらくなった、もしくは今の職場に残れば、有無を言わせず管理職にされてしまう場合は、思い切って転職することも考えましょう。

新しい環境に移りたいと考えた時は、転職サイトの転職コンサルタントに相談をすることをお勧めします。

転職コンサルタントなら、「管理職だけは絶対にしたくない」「ハードな職場ではなく、すこしのんびりと仕事が出来るところが良い」「もっとキャリアアップが出来る職場が良い」など、あなたの相談に乗り、その手足となって次の職場探しに協力してくれます。

あなたの事はあなたにしか守れません。

出世したくないなら、言いなりになって出世しない事が何よりも大事です。

そして、今、もしあなたが管理職になってしまい、辛い思いをしているのなら、最悪の状況に陥る前に、早めに対処する事をお勧めします。

あなたのXデーに備えて看護師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに看護師転職サイトに登録しておきましょう!

看護師転職サイトのおすすめ

看護師転職サイトはここがオススメ!

【1位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは看護師の転職を一番確実に成功させてくれる、信頼性の非常に高いサービスです。その長年の実績の中で培われた情報量が特徴で、専任担当者があなたの状況や希望を最大限に反映した形での求人紹介をしてくれます。

【2位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師も、転職をサポートしてもらうのにオススメです。非公開求人も多く、思わぬ好条件の求人が見つかる可能性が高いですのでナース人材バンクと併せて是非利用してみてください。

こちらもおすすめ

運営者情報 | ナースの楽園とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる